クラスの近況

いちご組(0歳児)「楽しいポットン落とし」  

 ポットン落としは、園児のお気に入りのひとつです。穴に、短く切ったホースを2つ同時に入れたり、入れたときに「ぽと」っと落ちる音を楽しんでいます。箱がホースでいっぱいになると穴に手を入れて取ろうとしたり、穴を覗き込んだりして喜んでいます。 

 

いちご組(1歳児)「制作楽しいな」

 大型壁面制作「ロケット」に取り組みました。ロケットは8色のラメテープ、星のシールを貼り、背景にはスパッタリングをしました。指先が器用になり一人で台紙からシールを剥がし、画用紙に貼ることができるようになってきました。スパッタリングでは白色、黄色、ピンク色の中から好きな色を選び、歯ブラシを大胆に動かして模造紙に色を付けることを楽しんでいました。

 

 

2歳児(うさぎ組)「とうもろこしご飯を作ったよ!」    

 乳児棟の裏の畑で収穫したとうもろこしの皮を剥き、炊飯器でとうもろこしご飯を作りました。とうもろこしの緑の皮を剥いていくと、黄色の実が見え「あった!」と喜んでいました。とうもろこしのひげが「もじゃもじゃするー」と言いながらも一生懸命剥きました。給食の時にとうもろこしご飯をラップで包み自分でおにぎりにして「おいしい」「甘いね」と嬉しそうに食べていました。

 

3歳児(たんぽぽ組)「鉄棒だいすき!」

 鉄棒で「足掛け回り」に挑戦しています。初めは頭を真下に下げることを怖がっていた園児も、足掛け回りができた友達の姿に刺激を受け、積極的に取り組むようになってきました。友達が自分の力で回ることができる度に「すごい」「やったー!」と大喜びです。様々な技を楽しめるように、園児のペースに合わせながら鉄棒の時間を十分に取り入れていきたいと思います。

 

4歳児(つばめ組)「不思議なキノコ大発見!」

 グラウンドで自由に遊んでいる時に桜の木の根元にキノコのようなものを発見しました。「なにこれー!」「みんなちょっと来て~!」と誰かが声をあげるとみんなすぐに集まって観察が始まります。「手でさわったら毒があるかも」と言って、棒や石でつついてみたりして様々な角度から覗いていました。何か気になることがあるとみんなで話し合ったり相談したりと友達との関わりが広がってきました。

 

5歳児(にじ組)「大収穫です」

 農園の夏野菜が収穫時期になり、毎週大量の野菜を収穫しています。「とうもろこしを全部とります!」の保育教諭の声掛けに「めっちゃ大変そう!」と不安そうにしていましたが、茎から下向きに実を引っ張ると簡単に外すことができ、「楽しい~!」とあっという間に収穫し終えることができました。最後は、裁断した長い茎を「よいしょ、よいしょ」と言いながら一生懸命運んで畝のお掃除も楽しみました。